園について

雄愛メソッド

子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために・・・

イメージ写真

こころ豊かに日々を楽しむ子

自然や化学の世界に触れ、さまざまな感動体験を得ることで、子どもが生まれながらにして持つ神秘さや不思議さに目を見はる感性(センス・オブ・ワンダー)を守り続けます。また、お友達や保育者と充実した日々を過ごし、生活を楽しむことで、この世界が魅力にあふれたものだと感じる心を育てます。そして、様々な体験を通して、ここ沖縄の地に生まれたことを誇りに思い、伝統・文化を受け継ぐ心を楽しみながら育てます。

他を思いやれる子

周囲から認められ、愛されている実感を持つことで、自分を好きになる心(自己肯定感)を育みます。他(人や生き物)に対して慈しみ、共感する心を育みます。

自分で考える子

流れるような落ち着いたリズムの日常を過ごすことで情緒が安定し、やりたいことを自分で見つけ 、自発的に行動する力を育みます。お友達や保育士との温かい人間関係の中で、自分の思いや考えをしっかりと伝え、また同時に、相手の思いに耳を傾けることのできる心を育てます。

心身共に健康な子

外遊びや適度な運動、休息、栄養をとり、規則正しい生活を送ることで健全な生活習慣や態度を身につけます。

入所する子どもの保護者に対する援助のために

◆ 入所する子どもの保護者に対し、その意向を受け止め、子どもと保護者の安定した関係に配慮し 保育所の特性や保育士等の専門性を生かして、その援助に当たります。

園内の様子

園内はワンフロアーになっており、 全ての年齢の子ども達が、 のびのびと日々を過ごしています。

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

子育て相談ルーム

ご利用してみませんか。

たばる愛児こども園では利用者や地域の方々を対象に子育て相談ルームを開催しております。

子育てをしていくと、さまざまな悩み事にぶつかると思います。
「どうして うちの子だけできないんだろう。」
「どこまで叱ったらいいんだろう。」
「お友だちをすぐ叩いてしまう。」
などなど、考え出すときりがなくなってしまうほど子育ての悩みはつきないものです。
そんな時チョッと誰かに聞いてみたい、話を聞いてほしい、些細なことですが
話をするだけでも気分が軽くなるものです。
いつでも、気軽にご利用ください☆

 

たばる愛児こども園 子育て相談ルーム

■子育て相談は個別で行います。
■電話での相談もOKです。
■相談費用は無料です。

 

●受付方法●

たばる愛児こども園内事務所にお声いただくか、 お電話にて受付いたします。

※認定こども園行事などの都合上、希望日にそえない場合があります。

 

受付&お問合せ先

たばる愛児こども園:098-857-1769
担当相談員:瀨底、上原(朝)、豊川

概要

たばる愛児こども園外観写真

園名 たばる愛児こども園
設置主体 社会福祉法人 雄愛福祉会
所在地 〒901-0156 沖縄県那覇市田原3-12-4 2F
連絡先 TEL:098-857-1769 FAX:098-857-1767
代表者 上原 廣子
設立年月 平成14年3月31日
園児定員数 2・3号認定 120 名 1号認定 15 名
職員数 44名
職員構成 園長、副園長、主幹教諭、副主任保育士、保育教諭、保育士
子育て支援員、保育補助員、調理員、事務員、用務員
開園時間 〈通常保育〉月~土 (午前7時00分~午後6時00分)
〈延長保育〉月~金 (午後6時01分~午後7時00分)
事業概要 (1)延長保育(午後6時01分~午後7時00分まで)
(2)1号認定 預かり保育
(3)発達支援保育事業

沿革

昭和52年4月1日 認可外保育園たばる愛児園 設立
平成14年4月1日 個人立認可保育園たばる愛児保育園 設立
平成18年12月21日 社会福祉法人雄愛福祉会たばる愛児保育園 設立
令和2年4月1日 保育所型認定こども園 たばる愛児こども園へ移行

社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム

現況報告書・計算書類・定款・役員等名簿・報酬等の支給の基準は、
WAM NETの「社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム」より閲覧ください。

苦情解決公表ページ

苦情要望解決の流れ

1 苦情の受付

苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。 なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。
(1)解決責任者 園長 上 原 廣 子
(2) 担当者受付 主任保育士 喜 納 智 子
(3) 第三者委員会 與那嶺義雄 新垣美智子

2 苦情受付の報告・確認

苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員 (苦情申出者が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出者に対して、報告を受けた旨を通知します。

3 苦情解決のための話し合い

苦情解決責任者は、苦情申出者と誠意を持って話し合い、解決に努めます。 その際、苦情申出者は第三者委員会の助言や立ち会いを求めることができます。 なお、第三者委員会の立ち会いによる話し合いは、次により行います。

ア、第三者委員の立ち会いによる苦情内容の確認
イ、第三者委員による解決案の調整、助言
ウ、話し合いの結果や改善事項の確認

4 都道府県「運営適正化委員会」の紹介

(介護保険事業者は、国保連、市町村も紹介)
本事業者で解決できない苦情は、社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。

アクセスマップ